東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ 日本食品の栄養成分低下

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する


ノニジュースの品質には差があります


ノニの利用の起源は6,000年前あるいは60,000年前か?

6,000年前中国南からの民族移動

ノニの起源は、H.N.Ridleyによるとインドネシアのモルツカ諸島(現在のマルク諸島)です。
しかし、実際のノニの使用の歴史は非常に古く、約6,000年前に現インドネシア人が中国南部より移動してから現在にいたるノニが伝承医薬品の一つになったのです。

しかし、どのような理由で民族移動があったのか不明ですが、地球は氷河期が終わり海は暖かく、簡単なボートでも容易に移動できたものと思われます。

60,000年前アフリカからの民族移動

一方、現インドネシア人よりもっと古い60,000年前にインドネシアに来た人種がいます。現在インドネシアの最も東、世界で2番目に大きな島パプア島に住む先住民です。

約10万年前にアフリカ東から出発し、インド洋沿いを東へ東へ移動し、氷河期で海面は低くて島から島への移動は非常に簡単で6万年前にパプア島にたどり着き、一部の集団は現在のオーストラリアにまで移動しています。

パプア先住民の風貌はまさにアフリカ人と似て皮膚のメラニンは多くて濃い褐色の肌、髪は天然のちじれ毛。
パプア先住民が通った地域がノニ原産地のマルク諸島。

マルク諸島もパプア島およびその周辺地域は、色の黒い人種が住むため「メラネシア」と呼ばれています。

恐らく、パプア原住民はマルク諸島(メラネシア)でノニに遭遇し医薬品として利用したのではないでしょうか。
パプア先住民もノニ果実を利用する習慣があります。

ノニ起源の近くの島ではノニのことを「Nony」そして「Pace」とも呼びますが、「Pace」とはお父さんの意味です。

結論として、

1.ノニは少なくとも6万年前にパプア先住民やメラネシア人によって発見された
2.現インドネシア人もノニを利用し、後に伝承医薬品として体系化した
3.ポリネシアやミクロネシアのノニは、インドネシア起源でせいぜい1,500年の歴史しかない
4.沖縄にもノニが植生するが、有史以来ノニを健康食品として利用することはなかった
5.沖縄のノニは、ノニブームによって15年前に初めて利用された、のです。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ノニジュースの品質・栄養・効果は同じか?

今飲んでいるノニジュースに満足していますか?


日本では多くのノニジュースがドラッグストアチェーン店、薬局、通販などで販売されています。
ノニジュースが紹介された2000年時と大きく異なっていつでも、誰でも購入して、毎日の健康や将来の病気の予防などに利用されています。
他の健康食品と違って一次的なブームで終わるのではなく、長続きしている健康飲料になっています。

多くの異なる産地、製造方法や販売者の商品があり、価格もまちまちです。
どのノニジュースも品質が同じだと考え、購入に便利だとか、価格が購入に手頃だとかいう理由でノニジュースを選んでいるのが普通でしょう。

しかし、ノニジュースの品質は様々で、お金を払っている割に効果が少ないものを購入している場合が多いのではないでしょうか。
今飲んでいるノニジュースに満足されていない方、期待する効果が得られず止めてしまった方も多いのではと思います。

ノニジュースの品質は、どれも同じではありません。

 

ノニジュースの品質の差はどこから?


ノニジュースの品質の差は、大きく分けて次の3つが原因となります。

○ ノニ果実の生産地
○ ノニ果実の選別と製造方法
○ 生産者や販売者の販売理念

 

 

1ノニ果実の生産地

ノニはインドネシア原産の熱帯薬用植物です。
原産地産の大きなメリットは、ノニが適した気候、土壌と使用経験にあります。
一年中実を着け利用されますので、

一年中熱帯気候で暖かく、
強い紫外線を浴びて抗酸化物質を作る、
肥沃な土壌は果実に栄養成分を補給する、
そして人々の長い使用経験があり安全・効果が確実である、
ことなどが重要です。

インドネシアはこれらの条件を満たしています。
世界一の火山国で土壌は肥沃、海に囲まれた熱帯島嶼国であることは原産地たる所以です。

ただし、熱帯国インドネシアでも海抜1000m以上の場所には、ノニはありません。
海岸線や低い産地を好み、至る所に野生のノニの木は見られ、ほとんどの家でノニの木を庭や畑に植えていつでも利用できるのです。

 

2ノニ果実の選別と製造方法

どんな果実でもそうですが、果実は成熟するにつれて次世代に向けての準備に栄養物質を貯めて行きます。
果実自身を外敵から守るために、有用物質の生産も増えてきます

ノニの国、インドネシアでは決して未熟な青い果実を健康食品や医薬品として使用しません。
大きく、黄色く成熟したノニ果実だけを搾ってジュースにして飲み、またそのまま食べます。
成熟したノニ果実は飲みやすくするため塩、蜂蜜、酢や他の薬用植物を加えて飲みます。
作ったノニジュースはその日に飲んでしまいます。

新鮮なノニ果実ジュースを利用するのです。

一方、ノニ果実が日常的に使用されていないほとんどの島国では、ノニ果実の使用経験の無いこと、そして果実がいつでも一度に沢山手に入るとは限りません。

自ずと未熟な青い果実をジュースを作るのに使います。
未熟な青い果実は、直ぐに酸化されて真っ黒い色のジュースになってしまいます。
この未熟な果実をアメリカ本土のノニの知識の無い人がノニジュースとして飲み、被害が出たと聞いています。

製造方法もノニジュースの質に大きな差の原因となります。
インドネシアでは、成熟した黄色の果実をつかい、新鮮なうちに飲みます。
栄養成分と有用成分が変化しないうちに利用するのです。

日本へは、10トン、20トンの多くのノニ果実を一度に集め、新鮮な、あるいは短期間成熟させた果実をまるごとを搾ります。
搾汁(さくじゅう)するのです。

一方、ノニ果実が少なく、使用経験もない地域では青い果実も含めて収穫し、容器に貯め込み雑菌などで腐らせて、出てきた汁をジュースとして使用します。

黒くて、細胞成分の酸性物質による酸っぱいジュース
となります。

雑菌によって、食品衛生法で使用制限されている添加剤成分のプロピオン酸ができる場合もあります。
半年あるいは1年間も長期放置によって、栄養成分の分解や有効成分の変性も起きていることでしょう。

ノニジュースに使用する果実の成熟度やジュースの製造方法の違いによって、質が大きく異なっています。

3 生産者や販売者の販売理念

熱帯薬用植物ノニ果実そのものに関して十分な経験をもたず、化学的な知識がない生産者や販売者は、先に述べた果実の選別や製造方法に関心を持ちません。

ある販売者は、ノニに含まれていない架空の物質を大きく宣伝し、消費者を惑わせています。
この情報をただ鵜呑みにしている日本の販売者も多く見受けられます。

通常の状態では、ノニは抗菌作用が強いため発酵しませんが、発酵ノニジュースといって販売する方もいます。
原材料の産地の偽造、水を加えて薄くしても100%原汁といい、明らかに果糖を加えて甘くして販売する、添加物を加えているにも拘らず無添加とするなど、疑わしい商法の商品が出ています。

ノニジュースは熱帯国からの恵みであり、健康長寿を願う方々に嘘いつわりのない商品を提供するのが守るべき最低限の商道徳だと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ノニジュースの品質の差のエビデンス

ノニジュースは天然果実ジュースですから、合成のサプリメントと異なり規格化することは困難です。
内容成分は季節や採取する地域ごと、さらに環境・気候の変化によって変化します。

このよう難しさの中からでも出来るだけ健康に関心のある方々の安心・安全を確保し、有用性をもった栄養機能性飲料、ノニジュースを提供することが生産者や販売者の義務だと考えます。

その観点から、

○ 安心・安全と品質に関する公的機関の認証, そして
○ 実際の栄養および有用成分や薬効効果研究成績は、品質の差をみるのに適しています。

1公的な認定

 
農薬や合成化学肥料を使わない有機栽培、天然栽培のノニは最も推奨されるものです。
 

 有機ノニ認定

 天然食品のノニ果実が、農薬や合成化学肥料で汚染されていれば、折角の神からの贈り物の
 有用性が無意味になってしまいます。

 有機JAS認定商品は、無農薬・無化学肥料で栽培され、周囲からの化学 物質の汚染もないこ 
 と、遺伝子組換え食品でないことを保証します。

 有機農産物は先進国のみならず世界各国が、安全な食品を国民に提供するための基準です。
 ノニジュース原料を製品化する工場も有機JASの認定を受けなければなりません。

 有機商品には有機JASのシールが貼られていますので、安心安全の目安になります。

HACCPシステム製造

従来の食品の安全性への考え方は、製造された食品の安全性の確認は、最終製品の抜き取り検査(細菌検査など)にのみでした。

しかし、HACCPシステムでは、従来の方法に加えて、原料の入荷から製造・出荷までの総ての工程が含まれます。
予め危害を予測し(Hazard Analysis, HA)、その危害を防止するための重要管理点(Critical Control Point, CCP)を特定します。

この方式は、国連食料農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(CODEX)委員会から発表され、国際的に認められたものです。
日本の所轄官庁は厚生労働省で1996年に施行されました。

これらの重要管理点を継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策をとり解決させることができます。
不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。

HACCPシステムで製造される原料や商品は、世界で最も安全です。


日本の食品製造企業でHACCPシステムを採用しているところは、非常に少ないのが現状です。

東京ノニ研究所

東京ノニ研究所は2001年にノニの正しい情報を広く知ってもらうために設立された、日本のみならず世界で唯一のノニ研究機関といえます。

ノニジュースの推奨できる品質の基準化を栄養面、有用成分や抗酸化能を規定し、この基準に適合した商品に対して推奨シールが貼ることが許されます。

品質基準指標として、一般栄養成分、機能性成分の一つのスコポレチン含量、抗酸化活性、添加物に関する項目が含まれ、それぞれ基準値が決められています。
一般栄養成分では、ノニの有用成分である食物線維量やノニに特徴的な匂い成分の中鎖脂肪酸カプリル酸量が規定されているのが特徴的です。
抗酸化活性に関しては、4種類の活性酸素種の消去能が規定され、ノニの有用性を重視しています。

東京ノニ研究所の推奨商品は、栄養機能性の質を保証する面で参考になります。

2分析、研究成績

栄養成分

東京ノニ研究所の品質基準を満たしていることを定期的に測定、確認することは重要です。
少なくとも水で希釈しない限り、栄養成分に大きな差はないでしょう。

ノニ果実の成熟度やノニジュースの新鮮度と製法を示す食物線維灰分(ミネラル分)ビタミン含量の違いは、品質を見分ける指標の一つになります。
食物線維ペクチンは大腸の善玉菌の健康食品であり、放射性物質セシウム排泄を促します。
ノニ果実は、果実中最も多くの天然型のビタミンCを含み栄養機能性飲料です。

有用成分

ノニ果実の産地、果物の成熟度、製法によってノニジュースの有用な機能性(活性)成分の濃度は変化します。

活性成分としてノニ果実に特異なスコポレチンが注目されています

スコポレチンの作用としては、栄養物質が全身に行き渡るように血液の流れを良くします

腸管のEC細胞という特殊な細胞を刺激してアミノ酸のトリプトファンから、セロトニンの産生を促し、セロトニンに基づく様々な生理作用(腸管の動きを良くする、精神をリラックスさせる、血液の流動性をよくするなど)を発揮します。

ノニジュース商品の産地別スコポレチン濃度比較の一例は次に述べます。

産地

7-HC

スコポレチン濃度

(μg/mL)

スコポレチン比較
(%)

インドネシア

0.25

40.92

100

ハワイ

0.09

9.75

23.8

サモア

0.22

38.28

93.5

タヒチ

0.22

32.36

79.0

タヒチ・ミックスジュース

0.09

10.93

26.7

7−HCは、7-hydroxy cumarineで利胆作用があります。
長崎大学薬学部分析成績

このように産地或は商品によって、スコポレチン濃度に大きな差が認められます

また、蟻の分泌物中に最初発見されたイリロイドという物質もノニ果実の有用な成分で、様々な生理活性が報告されています。
ノニジュース商品の産地別イリロイド濃度の比較の一例を次に述べます。

驚くほどのイリロイド濃度に商品によって大きな差が認められます。
これが日本で販売されているノニジュースの現状であり、品質の差です。

フィリピン・沖縄・フレンチポリネシア・ハワイ産のように、明らかにノニ果実成分が少ない商品があるにもかかわらず、商品を見ただけでは区別できません。

決して安くない商品を購入する消費者は、価格や宣伝だけで判断しないようにしてください。

価格に合う品質の高いノニジュースを選び、健康長寿に役立てて戴きたいものです。

効能効果

効能効果は、商品の品質の差を顕著に表すものです。
しかし、実験条件が異なるなど研究成績を一概に比較することができません。
最も問題なのは、ノニジュースの効能効果は様々な規制があり商品に記載、広告宣伝できないことです。

インドネシア産の栄養・有用成分は沢山の生理作用を持ち、科学的な研究成果が報告されています

ノニの国インドネシアでは、ノニ果実は伝承医薬品として連綿と伝わるジャムゥの重要な素材です。
現在でもノニ果実は、健康維持に不可欠な有用な健康果実であり、販売には国家の許可が必要です。
インドネシアの薬用植物書「Cabe Puyang」には、ノニ果実がどのように使用されているか克明に記載されています。

このような書籍は、他国では発行されていません。
「ノニの科学読本4」に紹介されていますので、ご一読いただき、ノニジュースの品質の差を確認する時の参考にして下さい。

http://www.beigedo.jp/products/detail.php?product_id=66

2015年10月16日
東京ノニ研究所
代表 西垣敏明