東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ 重松秀一信州大学名誉教授受賞

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する


信州大学重松名誉教授の御逝去のお知らせ


信州大学医学部病理学教室前教授、現名誉教授であられる重松秀一先生が平成29年5月4日早朝、ご逝去されましyたので、謹んでお知らせ申し上げます。
享年79歳。

日本病理学会総会(4月27〜29日)に御出席され、30日午後松本市の御自宅に帰られ、肩の凝りを訴え横になられていました。
約1時間後、意識不明となられ、信州大学医学部付属病院に入院されましたが、脳幹部出血により、御逝去されたものです。

安らかなお顔で眠られており、苦痛など一切なく旅立たれた様子に安堵しました。

腎臓病理学の世界的な権威であり、若くしてお亡くなりになられ、門下生一同悲しみに耐えません。


重松教授には、東京ノニ研究所のノニ通信26-12号にに巻頭言を寄稿して頂いています(ノニジュースと糖尿病


納棺および葬儀のお知らせ

一.納棺 5月5日 午後5時
  みすず野法祥苑一条の間

一.葬儀 5月6日 午前11時
  みすず野法祥苑

一.出棺 5月6日 午後2時45分
  みすず野法祥苑

一.火葬 5月6日 午後3時30分
  松本市葬祭センター

一.式場
  みすず野法祥苑
  長野県松本市市場11-36
  電話:0263-24-0010

一.喪主
   重松 美波 (重松先生奥様) 

葬儀はキリスト教に則りとり行われます