東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

 

2003年10月薬学会九州支部会発表 

機能性食品「ノニ」中のクマリン及びアントラキノン

誘導体のHPLC定量

        長崎大院・医歯薬総合、エムケーラボラトリーズ 
○伊藤 政子、孫 艶、中島 弥穂子、和田 光弘、西垣 敏明、中島 憲一郎

 

【目的】ノニ(学名 Morinda Citrifolia, 日本名ヤエヤマアオキ)は、インドネシアのモロッカ諸島原産の薬用植物である。インドネシアでは万能薬として知られており、現在でも伝統治療薬として用いられている。近年、日本でもノニは健康食品として注目を集め、多くの製品が市場に出回っている。本研究では有効成分と考えられているクマリン誘導体 [scopoletin, 4-hydroxycoumarin (4-HC), 7-hydroxycoumarin (7-HC) ] 及びアントラキノン誘導体 (damnacanthal, emodin) の簡便なHPLC定量法の開発及びそのノニ健康食品の品質評価への適用を目的とした。

【方法】試料の調製:ノニジュース1 mLを5 mLのメスフラスコにとり、50% EtOHで定量とし、これを、遠心分離・ろ過後、HPLC分析に供した。ノニ粉末またはエキス0.05 gを50% EtOH中、30分間超音波抽出後、同溶液で5 mLとした。これを遠心分離・ろ過後、HPLC分析に供した。

HPLC条件:Column: Daisopak SP-120-5-ODS-BP (250×4.6 mm i.d.); Mobile phase: 50 mM phosphate buffer (pH 5.0)/MeOH=74/26 (v/v) (scopoletin,7-HC), 50 mM phosphate buffer (pH 3.0)/MeOH=65/35 (v/v) (4-HC) ,100 mM acetate buffer (pH 4.0)/MeOH=30/70 (v/v) (damnacanthal),100 mM acetate buffer (pH 5.6)/ MeOH=20:80 (v/v) (emodin); Flow rate: 1.0 mL/min; Injection volume: 20 μL.; 検出波長: [UV] λ=300 nm (scopoletin,7-HC), λ=286 nm (4-HC), λ=260 nm (アントラキノン誘導体), [FL] λex=350 nm,λem=460 nm (scopoletin), λex=320 nm,λem=450 nm (7-HC), λex=290 nm,λem=372 nm (4-HC)

【結果及び考察】3種のクマリン誘導体標準品を30分以内に良好に分離することができた。検出下限(S/N=3)はUV検出で14.0-35.6 ng/mL、FL検出で0.02-5.8 ng/mLであった。11種類のノニ健康食品試料に適用した結果、scopoletin含有量はUV検出で5.2-218.8 μg/mL、FL検出で5.1-230.9 μg/mLであり両者は良好な相関性(r=0.999)を示した。また、7-HC濃度はscopoletinの約1/100−1/150程度であった。4-HCは分析したいずれの試料からも検出されなかった。

2種のアントラキノン誘導体標準品についても30分以内に良好に分離することができた。検出下限は7.9-26.3 ng/mLであった。11種類のノニ健康食品試料からはいずれの化合物も検出されなかった。

今回開発した定量法は、比較的簡便にノニ食品中のクマリン誘導体を定量することが可能であり、これによりノニ食品中に含まれるクマリン誘導体含量に大きな差があることを明らかにすることができた。したがって本法はクマリン誘導体を指標とする品質評価に有用であろうと考える。

 

2003年3月長崎県衛生研究会及び日本薬学会総会(長崎大学)学会発表

概要

「標題」 HPLCによるノニ健康食品中のクマリン系化合物の定量

「研究者」 孫 艶、田中 梨沙、西垣 敏明、中島弥穂子、中島 憲一郎

「研究機関」   長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
          エムケーラボラトリーズ

「材料及び方法」 入手可能な各地域・国産のノニ商品について、クマリン誘導体であるスコポレチン、4-HC、7-HcをHPLCにて分析した。

「結果」 3種のクマリン系化合物を30分以内で良好に分離でき、スコポレチンと7-HCが検出できた。  
     ノニの産地あるいは商品によってこれら両物質の含量に差が認められた。

Type of Juice Country of Origin 7-HC Scopoletin
Juice Hawaii 0.09 9.75
Juice Samoa 0.22 38.28
Juice Tahiti 0.22 32.36
Juice Indonesia 0.25 40.92
Mixed juice Tahiti 0.09 10.93
Extract powder Indonesia 0.63 171
Freeze-dry powder Indonesia 1.25 230.85

  Unit:  micro g/ml or micro g/g
  $-HC was not detected from any noni product/material.

   Chemical Structures of Scopoletin and 7-HC (Umbelliferone)

                                

戻る