東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ blog. 1.19.2017

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する

私の独り言 2017年1月23日   
新年1月は昨年12月より多忙


毎年12月は先生だけでなく皆が忙しく動き回る月ですが、12月にインドネシアや東京出張などはあったものの、特別に多忙と言う訳でありませんでした。
しかし、年明けとともに忙しさが迫ってきているように感じます。
多くは私用によるものですが、加齢とともに追いつめられたような気分になっています。

昨年末は、ボクシングWBCフェザー級世界タイトル戦を観戦し、場内のファンと共に大声で前世界チャンピョン内山高志選手を応援しました。
20年前、巨人戦を東京ドームで見て以来の胸の高なりを経験しました。
時には、何でも良いですがファンとともに声を張り上げ、皆と一緒になって応援・観戦・観賞することは、若さを維持する秘訣かも知れません。

良く朝は、東京の娘宅から近所の神社に初詣。
1月2日は銀座のデパートで背広の福袋を2着も購入。10数年ぶりの新調でしょうか。
元旦の初詣はご利益がなさそうだったので、府中市の大国魂総社神社に詣で神との契りを。

1月6日からは福岡に住む息子宅で遅い正月を3人の孫娘と過ごす。
始めての有田焼の街に行き、まじかに深川や源右衛門の焼き物を見て、有田焼の歴史を学んだものです。

1月は耕地の集会が頻繁に行われる月。
小さな役目を担っているのでできるだけ参加。

17日には中国、韓国からの友が私が信州にいると云うことで、会いに来て下さり、2日間ご案内。
この間、インドネシアから問題があるので解決に協力をという依頼があり、背景の確認作業。
政府の研究所からは何の反応もない。
担当者は病気なのか、多忙なのか、あるいは左遷されたのか気になる。

明日24日からは、神奈川・広島・九州福岡そして西宮を回る、多分3日間の旅になります。
2月初旬には、新プロジェクト3件のためにインドネシアへ。
途中往復路とも、韓国に立ち寄りご挨拶など懸案事項の解決に。

このように、少々多忙な年明けとなっています。