東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ blog 1.4.2017

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する

私の独り言 2017年1月6日   
老人は75歳から?


年度が変わりますと、新年度と旧年度の区別がつかず間違えることが起きています。
間違えなくするには、しばらく時間がかかりそうですね。

本日は1月6日、明日からまた三連休となりなす。
幸運な方は年末年始休暇が2週間にも及ぶゆっくりの正月になったものと、うらやましく思います。

本日の新聞報道によると、高齢者(老人)の年齢を65歳から75歳にするとの提言がなされました。

産経新聞ニュース http://www.sankei.com/life/news/170105/lif1701050032-n1.html

「高齢問題の研究者らでつくる日本老年学会などは5日、現在は65歳以上とされている「高齢者」の定義を75歳以上に見直し、前期高齢者の65〜74歳は「准高齢者」として社会の支え手と捉え直すよう求める提言を発表した。
医療の進歩や生活環境の改善で、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5〜10歳は若返っていると判断した。
准高齢者は、仕事やボランティアなど社会に参加しながら、病気の予防に取り組み、高齢期に備える時期とされる。
高齢者の定義見直しは、65歳以上を「支えられる側」として設計されている社会保障や雇用制度の在り方に関する議論にも影響を与えそうだ。
平均寿命を超える90歳以上は「超高齢者」とした。
学会によると、日本は50年以上前から国連機関の文書などに基づき、慣例的に65歳以上を高齢者としている。」

寿命が長くなることを喜ぶことに異論はありませんが、何か違和感を感じる学者先生方の提言です。
確かに父親の時代(3〜40年前)と比べて、予防医学の進歩で感染症でなくなる人は少なくなり、食生活・日常生活などの生活環境が変わって身体能力や意識レベルが向上しています。
平均余命も伸びてきています。

しかし、日本老齢学会の提言の裏に何かが隠されている様に感じられます。
社会保険制度の変更を示唆するものかもしれません。
65歳以上になっても、現在勤労意欲のある人は続けて働くことができますし、ボランティアで活躍することもできます。
総ては体力、意欲、および経済的な基盤の有無によってきまるものです。

敢えて、年齢でどうのこうの定義すべきではないとおもうのですが?
特に「超高齢者」とは失礼であり、異人のように感じられるのは私だけでしょうか?
後期高齢者という分類もありましたが、老人に対して敬意をもった呼称を考えるべきです。

誰かが言いました。
年齢は、
「単に数字であり、重要なのは体力、意力」と。

重要なのは、働く意欲があるが退職を強制させられる、老後の年金生活が苦しいなどの社会制度の変革と充実でしょう。

団塊の世代の人間にとって、これから茨の道が待っています。
高度成長時代に家庭をも顧みず、一所懸命働いたことに対する社会的な認識が欲しいものです。

本日、松本市にある惣社伊和神社に参拝してまいりました。
68総社の一つです。
鳥井の両脇に周囲6mを超す大欅が既に枯れていましたが、たたずんでいます。
優に1000年以上の齢の大木ですが、枯れ残った幹は傘が懸けられ大切に保存されていました。