東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する

 

喫煙寿命とブアメラ


日本は男女とも世界一といえる程の長寿国で、平均余命は80歳を超えました(ブログ参照)
喜ばしいことです。

一方、愛煙家の私にとっては喫煙と寿命の関係は興味あるものです。
2007年の調査研究によると、60歳の男性の余命は非喫煙者に比べて3.1歳も短い20.7年の余命ということになります。

昨日、東北のノニ愛好家の女性と電話で話をした際、最終的に酒もタバコも人生に楽しみの一つ、絶対に離せないとの結論。
尤も、喫煙と肺がん発生リスクには、大いに疑問があるところで、一般の常識には疑問が生じます。
喫煙が関与する肺がんは扁平上皮がんであり、肺がん全体の30%余りを占めるだけです。
では、残り6〜70%のがんの原因は?(こちら参照

因みに、香港での大規模臨床研究の結論のひとつが、

「愛煙家の肺がん罹患の原因は喫煙そのものではなく、
喫煙者は生鮮野菜や果実を食べない傾向にあり、
微量栄養素の摂取不足が肺がん発生リスクの増加に繋がる」

というものでした。

この結論の微量栄養素は、カロテノイドのひとつβ‐クリプトキサンチンです。
よって、肺がん予防作用のあるノニジュース、14年間飲用にに加えて、β‐クリプトキサンチンを大量に含むブアメラを見つけ出し、既に8年間飲み続けています。

ノニとブアメラの合体が、私の今後の研究課題です。