東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ HACCP義務化

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する


新たな機能性表示制度に基づく想定されるノニジュースの機能性表示案


来年4月に新たな食品表示基準とそれに基づく食品の機能性表示制度が、2015年4月に施行される予定です。

いくつかの基準を満たせば、消費者庁に届け出ることによって「食品の機能性」を表示することができます。
ただし、この制度では特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品は、除外されます。


今までのノニジュースの知見に基づいて、想定される機能性表示について案を考えてみたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ノニジュースに含まれる機能性物質としてのスコポレチン、中鎖脂肪酸、ビタミンC、食物繊維ペクチン
機能性の科学的根拠を基にして以下の機能性表示が想定されます。

スコポレチンを含み、血管の健康を保つ食品です。中高年の方に適しています。
スコポレチンを含み、腸の健康を保つ食品です。
スコポレチンを含み、気が滅入り易い方に適した食品です。
スコポレチンやビタミンCを含み、酸化ストレスを感じる方に方に適しています。
中鎖脂肪酸を含み、太り気味の方に方に適した食品です。
ビタミンCを含み、皮膚や粘膜の健康維持を助ける食品です。
ペクチンを含み、腸の健康を保つ食品です。

上記の想定される機能性表示の修正や、他にに加える表示案があれば、東京ノニ研究所にお知らせください。


安全性
ノニ果実は、言うまでもなくインドネシアを原産地とする熱帯薬用植物です。
インドネシアでは、各家にノニの木を植えて健康維持・増進、病気になった時に第一次的に使用する伝承医薬品として数千年もの間、連綿と使用されています。
ノニ果実ジュースは、インドネシア政府が認定する伝承医薬品のひとつです。
これらのことから、安全性や有用性は長い使用経験の歴史が証明し、問題ないと言えます。

有用性
東京ノニ研究所は、ノニジュースの効果をノニジュース全体で評価する研究方針で研究してきました。
これは、決して間違いではありません。
食品の新機能性表示に関しては、医薬品の評価方法に準じており、これは決して食品の機能性を表すのに適した方法ではないと考えられます。
しかし、新制度に従う限り、機能性物質を特定しなければなりません。
上記4機能性物質に関しては、広く文献調査を行い、総合的にそれらの機能性、有用性を評価致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご意見をお待ちします。
ファックス:0263-28-6888
メール:noniken@po.mcci.or.jp