東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ news 26-1

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する


東京ノ二研究所 ノ二通信 26−6号

   日本医師会が注意しなければならないと警告した

       ノニジュースはタヒチ産香料入りノニジュース

 日本医師会が会員医師に通知したノニジュースの安全性に関して、前号でお知らせしましたように日本医師会に質問状を提出しました。
 日本医師会の石川広巳常任理事から 回答がありました。
  ノニに関しては良くご存じないようで、具体的な回答とは戴けませんでした。

 日本医師会のノニ情報は、米国の情報書籍を日本語約にした「健康食品・サプリメント(成分)のすべて」と国立健康
栄養研究所サイトの「健康食品の安全性・有効性情報」を基に制作、流布されたものです。インドネシアの伝承医薬品の認識は全くなく、病気治療の最前線の医師会が発表するに耐えられない誤認識の情報です。

 石川常任理事の回答には、「ノニジュース全般が安全性の問題があると捉えられた事は残念です」の旨が書かれています。
  日本医師会や医師が使用する医薬品の総てが現在の水準の科学的評価をされているかの認識も間違っています。 
  いずれにしても日本医師会がノニジュースの安全性の根拠としているのは、タヒチ産の香料等が含まれる商品に対してであり、このことは当研究所が指摘していたとおりです。

 問題のノニジュースは、国立健康・栄養研究所のサイトで次のように定義されています。

 お気づきのように、ノニはインドネシア原産でインドネシアの伝承医薬品であること、ヤエヤマアオキは日本語の学名であること、果実は染料として利用されないことなど、誤った情報が多い。
しかし、問題としているノニジュースは、明確に米国系のタヒチ産ピューレを用いたものであり、多くの肝臓毒性の原因となったものです。


 ノニとは? 

 ノニ (
(
Noni)
(Noni) はアカネ科 (Rubiaceae) の植物で、学名はモリンダ・シトリフォリアです。ノニはハワイで
呼ばれている植物の名称で、他に
“Indian Mulberry”“Nonu””Nono、沖縄ではヤエヤマアオキ
とも呼ばれています。ノニはポリネシアから東南アジア、沖縄など、熱帯から亜熱帯の広い地域に自生し、
5
8 m 8 m程になる常緑の灌木で、表面がゴツゴツした果実を付けます。果実は最初は緑色で、熟すと黄色になり中
鎖脂肪酸による発酵臭を出します。古くから民間薬、赤色染料として利用されてきました。
 
 
健康食品として販売されているノニジュースは、ノニの果実から調製した果汁に、少量の
  グレープジュースやブルーベリージュースまたは香料を添加して飲みやすくしたものです
。」

 


東京ノニ研究所の見解

 日本医師会会員医師がノニジュースを飲むのを止めるようにご注意された場合、以下のようにお答えするのが良いかもしれません。

 「日本医師会の情報には幾つも疑問が有る内容です。
  ノニジュースは総て同じではありません。
  私の飲んでいるノニジュースは、タヒチ産のものでなく、香料などは入っていません。
  ヨーロッパで肝臓毒性が報告されたノニジュースとは異なります。
  健康のために毎日の食事に飲んでいるだけです。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本医師会は「不健康食品」撲滅に奮闘すべき

 日本医師会は、ウコンやノニジュースだけでなく、健康食品全般に注意を喚起する宣伝を新聞紙に掲載し始めました。

 「健康食品」という食品分野は、実はありません。
 毎日食べる米、野菜、果実、肉、水、お茶などと同じ食品なのです。
 毎日食べる食品は、元来健康維持・増強、栄養補給、代謝促進、活力増強などを介して病気の予防などに貢献しています。
 これらの食品中、特別な性質があり、栄養成分的に望ましい食品を「健康食品」と言っており、スーパーマーケットでも「〜〜に良いです」、「〜〜が多いです」という農産物、魚介・肉類と同じものです。

 食品は元来「健康食品」でなければなりません。
 しかし、合成化学物質一辺倒の医療業界は、栄養学的な観点から食品の健康への寄与について全く無知です。
 そして、必ず起きる副作用医薬品を処方したいがために、いわゆる「健康食品」全般に注意喚起を宣伝しています。国民の健康という観点が抜けています。

 もし医師会が多大な宣伝費用をかけるのであれば、日常私たちが食用する「不健康食品」の撲滅に力を注ぎ、加齢とともに増加する病人を減らす努力をすべきです。
 医師が避け、家族にも推奨しない医薬品や「不健康食品」を摂らないようにすべきです。
 精製砂糖(白砂糖)、トランス脂肪酸入り食用油や菓子類、遺伝子組換え農作物とそれらから製造された食品、有機農産物でない食品、添加物入り食品、などなど私たちの周囲には数えきれないほどの「不健康食品」が溢れています。

 医師が医を仁術と考え、患者の減少を嬉しく思うようになるのが、本来の医師の目標であると考えます。

2014年5月31日
東京ノニ研究所
代表 西垣敏明

その他の記事

新たな健康基準範囲・保存版
ノニジュースは月経改善に
熱帯果実ノニは最適なローフード
インドネシア留学生修士入学試験合格
西垣代表はブアメラ開発研究を
東京ノニ研究所会員には書籍特別割引で販売(こちらへ)


賛会員(100部)および一般会員(10部)には無料で送付いたします。

会員以外の方にも御提供いたします。
10部で300円(税・送料込)です。

 申し込み先:東京ノニ研究所 電話・ファックス 0263-28-6888, noniken@po.mcci.or.jp