東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ 人生20番勝負

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する

 


高齢者がん患者にたいする抗ガン剤の効果なし


2017年4月27日、国立がん研究センターが高齢がん患者に対する抗がん剤治療について「延命効果が少ない可能がある」という調査報告を発表いたしました。

プレスリリース全文はこちら。

以下の結論のように、肺がん、大腸がん、乳がんの末期の場合、抗ガン剤による延命効果は確認できず、抗ガン剤による副作用、高額な医療費とその患者や社会的な負担を考えると、抗ガン剤の使用は全くの無駄であると云えます。

抗がん剤のもつ全身への悪影響は、私の肉親での経験からも、看過すべきでは有りません。
また、断言はできませんが、若年者あるいはがん進展の早期においても、抗ガン剤の効果には疑問が残ります。

本研究は2007〜2008年にがん研究センターを受診した1500名が対象となり、4〜5年間の追跡調査を行ったとしても、2013年、5年前に研究結果は明らかになっています。
何故4年も過ぎた今日に発表したのかは、大きな疑問を持ちます。
うがった見方をすれば、研究結果は明らかに抗がん剤投与は、投与しない場合に比べて、明らかに早期死亡者や副作用が多かったのではないかと思われます。

よって、報告患者の選別を行い、このように抗がん剤投与の無効を少なくする方向の結論として公開したものと推測しています。

2017年5月1日
東京ノニ研究所 代表 西垣敏明


プレスリリースの報告を読んでも調査の結果があいまいです。
産経新聞の報道は、恐らく記者会見の質疑あるいは更なる成績書入手により解説したものと思われるので、紹介します。


末期高齢者に延命効果なし 抗がん剤治療、ガイドライン作成へ 

出典:http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170427/mca1704270500008-n1.htm

政府と国立がん研究センターが、高齢のがん患者への抗がん剤治療は延命効果がない可能性が高いとする調査結果をま

とめたことが27日、分かった。

厚生労働省は結果を踏まえ、年齢や症状別のがんの標準治療の提供に向けたガイドラインを作成する方針。患者の

年齢や容体に見合った費用対効果の高い治療法を推進し、患者のQOL(生活の質)向上や、拡大する社会保障費の抑

制につなげる。

 調査は国立がん研究センターと厚労省、経済産業省が主体となり、2007年から08年までに同センター中央病院

を受診した70歳以上のがん患者約1500人を対象に実施。患者をがんの種類別に分類し、抗がん剤による治療を中

心に行った場合と、体や精神の痛みを和らげる「緩和ケア」に重点を置いた場合との生存期間を比較した。

その結果、








主に肺がん、大腸がん、乳がんを患った末期(ステージ4)の高齢患者については、抗がん剤治療の有無に

かかわらず生存率は同程度だった。

肺がんの患者を比較した場合では、受診後の生存期間が0〜20カ月は抗がん剤治療を受けた患者の方が多かったが、

40カ月以上存命したのは抗がん剤治療を受けなかった患者だけだった。

75歳以上では10カ月以上生存した割合は抗がん剤治療を受けなかった患者の方が多く、生存期間も長かった。

また、胃がん、肝がんについては、高齢の患者数が少なかったため、評価結果の公表を見送った。

 日本では、がん治療実績の情報開示などが進まず、高額な抗がん剤治療が、費用に見合った延命効果があるかを検証するデータはなかった。政府

は、この調査結果を基に、年齢や症状ごとに適切な治療を行うための診療プログラムの作成などを進める。