東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ 変形性関節症

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する


関節リウマチ

加齢とともに増加する膝など関節の痛み。
生活の質を低下させ、日常生活を大いに悩ませる要因のひとつです。

関節の痛みには大きく分けて以下の三つの病気があります。
いずれも関節の痛みが主症状ですが、原因、侵される部位、外見的な変化は異なります。

1関節リウマチ 2変形性関節症 3腱鞘炎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関節リウマチ(Rheumatoid arthritis)

関節リウマチ(以下、リウマチ)は、関節を包む滑膜の炎症で始まり、症状の悪化と軽減を繰り返し、軟骨や骨が破壊される非化膿性、多発性の関節炎です。
原因不明の全身疾患で、男性の0.1%、女性の0.8%が罹患するそうだ。
特に20〜40歳代の女性に多いのが特徴です。

1原因

 原因は不明だが、遺伝的な素因に何らかの外部要因が働いて、滑膜に対する自己免疫異常が起こると考えられている。
 免疫異常の外部要因としては、ウイルスなどの炎症であることが最も強く疑われています。

2分類と経過

 長期寛解型:急性に発症し、治療受けて症状が消えれば、再発がないタイプ。
 間欠的経過型:継続的な治療をしなくても症状が自然に軽くなり、完全におさまることを繰り返すタイプ。
 進行型:急速に、あるいはゆっくりと軟骨や骨が破壊され、機能障害や破壊による変形が著しいタイプ。
     ほとんどの患者がこのタイプ。

3症状

 関節の痛み、腫れ、運動制限と朝のこわばりがみられる。
 朝のこわばりとは、朝起きてから一定の時間、手や足の関節がこわばって動かない状態。
 痛みは安静時にもあり、特に朝方に強く、天候の影響もある。
 病変が進むと手に様々な変形が生じる。
 ひじ、ひざ、足の関節に硬いしこり(リウマトイド結節)がみられることもある。

4リウマチに侵され易い関節

 図に示すように、頸椎、肩・ひじ・股・手・手指・膝・足・足指の関節が侵される。
 手指や足指の場合は、いわゆる第2、第3関節が侵され、第1関節が侵される変形性関節症とは異なる。

   

5関節以外の症状

 *リウマトイド皮膚結節
 *間質性肺炎
 *心病変(心膜炎)
 *眼病変(ドライ・アイ)
 *血管病変 などが併発することがある。
 

6診断基準
 
 *少なくとも朝のこわばりが1時間以上、6週間以上つづく。
 *3関節以上の腫れが6週以上つづく。
 *手関節と手指の第2、第3関節の腫れが6週以上つづく。
 *左右の同じ関節に腫れがある。
 *手に典型的なレントゲン像がみられる。
 *皮下に結節(しこり)がある。
 *リュマトイド因子が陽性である。

 この7項目中、4項目が満たされれば慢性関節リウマチと診断される。
 通常、確定診断には3ヵ月が必要となる。

7治療方法
 
 抗炎症薬や免疫抑制剤(ステロイドやメトトレキサートなど)投与が主な治療法だが、手術・リハビリも行われる。

8ノニジュースの効果は?

 インドネシアの伝承医薬品ジャムゥでは、リウマチや痛風に成熟果実1〜2個分の新鮮なノニジュースを朝と夜飲用することを勧めています。この場合、にんじんジュースを同時に飲用することが望まれます。

 また、関節痛にはノニ葉、かみタバコ、酸っぱいみかんを細かく潰して患部に貼る、ことも即効的に痛みを取ってくれます。

 この処方は伝承的なものであり、科学的な評価が必要です。

 ただし、日本国内でもリウマチに対して、ノニジュースが奏功した報告があり、お悩みの方は是非ともお試し頂きたいと思います。

参考資料:新版病気の地図帳。監修山口和克、講談社
     内科学、第7版、III, 杉本・小俣総編集、朝倉書店
     NONI科学読本4、東京ノニ研究所