東京ノニ研究所公式サイトTokyo Noni Research Center

ホーム 上へ 脳卒中予防

東京ノニ研究所 Dr. Noni

ファンページも宣伝する


ノニの機能成分スコポレチンは呆け(認知症)予防に効果


東京ノニ研究所は、ノニジュースの機能性物質であるスコポレチンにいち早く注目し、ノニジュース中のスコポレチン濃度の比較によって、ノニジュースの品質管理や品質の違い、生理学的な作用を追及してまいりました。

その概要として
1インドネシア産ノニジュースが最もスコポレチン含有量が高く、ノニの産地や製造工程によってノニジュースの品質に大きな差が認められる。
2太平洋の諸島のノニジュース製造には未熟な青い果実が使用されるが、黄色く成熟したノニ果実に最も多くのスコポレチンが含まれる。
3抗酸化能が非常に強い。
4血小板凝集抑制作用があり、血液さらさら効果がある。
5血管拡張作用の機能物質と考えられる。
6抗炎症作用が強い。
7DNA傷害抑制、抗変異原抑制作用により、抗腫瘍効果を持つと考えられる。
8副交感神経刺激作用をもつ、など

スコポレチンの多種類の生理作用がノニの大きな効果の主要成分と考えています。
これらの作用に刺激され、スコポレチンの薬理作用検討の多くの研究論文が発表されるようになっています。

 


下記に紹介する研究論文は、脳前頭葉の神経シナプス、海馬の標本、若いマウスと老齢マウスを用いた膨大な研究成果です。

結論として、スコポレチンはコリン作動性神経刺激作用によって、その障害である神経伝達物質の遊離減少や記憶の機能低下に対して改善効果をもたらすことが確認された。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

脳内には、コリン、セロトニン、カテコールアミンなど多種類の神経伝達物質が存在して、神経細胞の働きを制御しています。
これら脳内神経伝達物質の不足が、加齢に伴う脳機能低下につながり加齢性疾患を引き起こします。
同様に末梢神経においては、自律神経の副交換神経はアセチルコリンという遊離伝達物質によって筋肉などの調整が行われています。

スコポレチンは、副交感刺激作用によってその障害作用を改善させるものです。
記憶力の低下は、アセチルコリンの遊離減少と関連し、通説として煙草中のニコチンが呆け防止に効果があるというように、ノニジュースは痴呆症防止に効果があることがマウスの実験でも示されました。


Neuroscience. 2011 Dec 1; 197(1): 280–292.

The coumarin scopoletin potentiates acetylcholine release from synaptosomes, amplifies hippocampal long-term potentiation and ameliorates anticholinergic- and age-impaired memory

Abstract

In a previous study the simple, naturally derived coumarin scopoletin (SCT) was identified as an inhibitor of acetylcholinesterase (AChE), using a pharmacophore-based virtual screening approach.

In this study the potential of SCT as procholinergic and cognition-enhancing therapeutic was investigated in a more detailed way, using different experimental approaches like measuring newly synthesized acetylcholine (ACh) in synaptosomes, long-term potentiation (LTP) experiments in hippocampal slices, and behavior studies.

SCT enhanced the K+-stimulated release of ACh from rat frontal cortex synaptosomes, showing a bell-shaped dose effect curve (Emax: 4 μM).
This effect was blocked by the nicotinic ACh receptor (nAChR) antagonists mecamylamine (MEC) and dihydro-β-erythroidine (DHE).

The nAChR agonist (and AChE inhibitor) galantamine induced a similar increase in ACh release (Emax: 1 μM). SCT potentiated LTP in hippocampal slices of rat brain.

The high-frequency stimulation (HFS)-induced, N-methyl-D-aspartate (NMDA) receptor dependent LTP of field excitatory postsynaptic potentials at CA3-CA1 synapses was greatly enhanced by pre-HFS application of SCT (4 μM for 4 min).
This effect was mimicked by nicotine (2 μM) and abolished by MEC, suggesting an effect on nAChRs.
SCT did not restore the total inhibition of LTP by NMDA receptor antagonist d, l-2-amino-5-phosphonopentanoic acid (AP-5).
SCT (2 μg, i.c.v.) increased T-maze alternation and ameliorated novel object recognition of mice with scopolamine-induced cholinergic deficit.
It also reduced age-associated deficits in object memory of 15–18-month-old mice (2 mg/kg sc).

Our findings suggest that SCT possesses memory-improving properties, which are based on its direct nAChR agonistic activity. Therefore, SCT might be able to rescue impaired cholinergic functions by enhancing nAChR-mediated release of neurotransmitters and promoting neural plasticity in hippocampus.